読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たのしい水彩画&水彩イラスト教室 岐阜・愛知・三重

「みなさんと描きたいもの、いっぱいあります」わたしたちの水彩教室&水彩のたのしさについてあれこれ。Airyがお届けします!

「とりあえず検索」の前に、自分の頭で考える

絵について考えよう

こんにちは!
よくわかる水彩画&水彩イラスト教室(岐阜・愛知・三重)のAiryです。
水彩画&水彩イラスト教室の画像や写真はHPでみられます)

「ネットで検索すること」が当たり前の時代になって
知りたいことがすぐに調べられるようになりました。

でも、こんな今だからこそ。
自分の頭で考えること」も大切にしなきゃなあと思うのです。

 

「とりあえず検索」の前に 

難しいことにあたったときに、

・できるところまでやってみる。
・どうしたらできるのかを考えてみる。

この2つはとても大切な要素だと思います。

同じ「調べる」でも、まずできるところまで自力でやってみてから
分からないことを調べたほうが、
理解度がだんぜん深まるように思います。

 

「考えもせずにわかりませ~ん」というのは…… 

たとえば何かの勉強で、
パッと見て難しそうな問題があったときに

同じ聞くにしても

・考えもせずに「わかりませ~ん」と答えを求める

・できるところまでやってみて、それでもわからないことを聞く


のとでは、大きな違いがあります。

後者のほうがいかにも「力がつきそう」って感じがしますよね。

逆に、考えもせずに「わかりませ~ん」のほうは、
おいおい……という感じがしますよね(笑)。

 

そう、大切なのは 

難しい問題やわからないことがあったら、
「とりあえず検索」をする前に、

・まず自分の頭で考える
・できるところまでやってみる(試行錯誤する)
・「わからない部分」をしぼる(自分のできないところを知る)
・解決する(聞く・調べる)


これらは技術を身につけていくこと、上達していくにあたって、
とても大切な要素だと思います。
(「想像力」にもつながるような気がします)


これらの要素をすっ飛ばしてしまうクセがついてしまうと
考えること、試行錯誤する習慣がないわけですから、
必ずどこかで苦しくなってきます。


特に壁にぶつかったときなどは、
「考えて、試す」「試行錯誤する」「自分の状態を知る」ことは
乗り越えるのに欠かせない要素だと思います。

 

便利になればなるほど 

便利なもの、本当にありがたいです。

でも、便利になることで失ってしまう、
忘れてしまうことってあると思うのです。

これって、きっと「とりあえず検索」だけではないと思います。

知らず知らずのうちに
「自分の頭で考えること」「試行錯誤すること」を
失ってしまっていたとしたら
絵を描く上で、ものすごく大きな損失だと思うのです。

「考える機会、試行錯誤する機会を失っていないか」
こうしたことを考えてみるのもよいことだと思います。

 

 

絵、水彩なんていうと、構えてしまう方も多いかと思いますが、
それで敬遠してしまうのは本当にもったいないおもしろさが
透明水彩&水彩イラストにはいっぱいあります。

みなさんと描きたいもの、いっぱいあります。

 

たのしい水彩画&水彩イラスト教室についてくわしくはこちら↓

watercolor.rusk.to