読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たのしい水彩画&水彩イラスト教室 岐阜・愛知・三重

「みなさんと描きたいもの、いっぱいあります」わたしたちの水彩教室&水彩のたのしさについてあれこれ。Airyがお届けします!

毛虫まつり

絵について考えよう

こんにちは!
よくわかる水彩画&水彩イラスト教室(岐阜・愛知・三重)のAiryです。
水彩画&水彩イラスト教室の画像や写真はHPでみられます)


外へ行くと、写真を撮りつつ、スケッチも。
そんな感覚でたのしむようにしています。

 

恐怖の毛虫 

先日は自然の多い公園にいきました。
花がたくさん咲いていてとてもきれいだったのですが
地面のあちこちに毛虫が……。


どこからこんなにと思ったら、目の前に毛虫がぽとり。
上から落ちてくるのです。


その公園、大きな木がたくさんあるのです。

「怖いなあ」と思って、ふと足元をみると、
なんと靴に毛虫が!(汗)。

毛足が長く、大きな毛虫。無駄にカラフル。
ぞぞ~っとしました。

 

なんとか毛虫を振り切ると 

触ると怖そうですし、つぶしたらもっと大変そうなので、
必死に足を振って、なんとか毛虫から脱出。


ほっとしつつも、ほかは大丈夫かとみてみたら
なんと脇の下近辺に!!


なぜこんなところに!?


再びぞぞ~っとしました。


黄色とかオレンジとか無駄にカラフルで

へんな模様が無駄に入っているのが、すっごく怖い。

なんとか振り払ったものの、生きた心地がしませんでした。
おそろしいものですね。

 

考えてみたら、はじめての 

この毛虫、上から落ちてきたものなのか、
はたまた足元からのぼってきたものなのか(汗)。
どちらにしろ恐怖です。

考えてみたら、人生初の毛虫くっつかれ体験です。
それにしても全く気配がなく、服にくっつくものなのですね。

これからスケッチするときは、頭上の安全確認と
完全防備をしなくては(笑)。

 

watercolor.rusk.to

 

絵、水彩なんていうと、構えてしまう方も多いかと思いますが、
それで敬遠してしまうのは本当にもったいないおもしろさが
透明水彩&水彩イラストにはいっぱいあります。

みなさんと描きたいもの、いっぱいあります。

 

たのしい水彩画&水彩イラスト教室についてくわしくはこちら↓

watercolor.rusk.to