読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たのしい水彩画&水彩イラスト教室 岐阜・愛知・三重

「みなさんと描きたいもの、いっぱいあります」わたしたちの水彩教室&水彩のたのしさについてあれこれ。Airyがお届けします!

自分の目でみるからたのしい

絵について考えよう 水彩のおもしろさ

こんにちは!
よくわかる水彩画&水彩イラスト教室(岐阜・愛知・三重)のAiryです。
水彩画&水彩イラスト教室の画像や写真はHPでみられます)

水彩で絵を描いていると、
「もの」をよくみるようになります。

今まで普通だと思っていたものも、あらためてみると
「実はこれ、面白い形をしてたんだなあ」
「ヘンな形しているなあ」など様々な発見があります。

 

よくみるのってたのしい

たとえば、腕時計をモチーフにしたときは
描きながら「なんでこういう形になっているんだろう」と考えます。

そうすると、「ああ、ここの曲線はこういう意味なのかなあ」とか
「おお、ここはこんな工夫がされているんだ」とか
「すごいなあ、おもしろいなあ」とか
いろんなことを思ったり、気づいたりします。


なんだか「もの」のいろいろがみえてくる気がして
すごくたのしいのです。

 

自分の目でみるのってたのしい 

ほとんどのことがすぐ調べられて、すぐわかる今だからこそ
自分の目でみて、あれこれ想像する、気づく、興味を持つことが
とても新鮮で、ああこういうのって大切だなあと思ったりもします。

そこにあるのは借り物ではない、自分の目でみるからこその
感想だったり感情だったり大発見だったりします。

そうして描いていくと、ただ見たまま描くよりも
グッと「もの」に近づける気がします。


ただ、「腕時計っておもしろい!もっといろんな腕時計さがそう!」とか
違った方向にハマってしまわないように注意が必要です(笑)。

 

 

watercolor.rusk.to

 

絵、水彩なんていうと、構えてしまう方も多いかと思いますが、
それで敬遠してしまうのは本当にもったいないおもしろさが
透明水彩&水彩イラストにはいっぱいあります。

みなさんと描きたいもの、いっぱいあります。
どの月からでもはじめられる水彩教室、参加受付中です。

 

よくわかる水彩画&水彩イラスト教室についてくわしくはこちら↓

watercolor.rusk.to