読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たのしい水彩画&水彩イラスト教室 岐阜・愛知・三重

「みなさんと描きたいもの、いっぱいあります」わたしたちの水彩教室&水彩のたのしさについてあれこれ。Airyがお届けします!

水彩画の見方がわからない

こんにちは!
よくわかる水彩画&水彩イラスト教室(岐阜・愛知・三重)のAiryです。
水彩画&水彩イラスト教室の画像や写真はHPでみられます)


「水彩に興味はあるけれど、水彩画の見方がわからない」という声を
いただいたことがあります。

なにかの水彩画をみたときに、画面に水染みみたいなものがあったり
あちこちに色が垂れたり、飛び散ったりしているのをみて、
「なんでこういうことをするのかわからない」、
「わたしにはわからない、できないかも」と思ったそうです。

でも、わたしたちはそういう感覚って普通だと思います。
だって、わからないものはわからないですよね(笑)。

 

わからないものはわからない 

たとえば、ビルとか公園とか観光地とかにあるオブジェなんかでも、
全く意味のわからない形のものってありますよね。

たとえ、それがいくつもの賞をもらっていたとしても
これこそが芸術だと言われたとしても、
「でも、意味わかんないです」ってもの、ありますよね。

そう、わからないものはわからないのです(笑)。
となると、問題になるのは
「それがわからないとダメなのだろうか」という点です。

 

こう考えてみましょう 

音楽を例にとってみます。

歌いたいと思ったときに、
「わたしは音楽のすべてを理解していないから、歌ってはいけない」とか
「わたしはヒップホップがわからないから、J-POPを歌う資格がない」
なんてことありませんよね(笑)。

たのしいから歌う、たのしみたいから歌う。好きだから歌う。

水彩もそれと同じです。
「水彩の全部を理解しなければ、描いてはいけない」なんてことは
全くありません。

また、「自分がわからないと思うような絵」を描くために、
水彩をはじめるわけでもありません。

 

映画や小説のように考えてみましょう 

水彩というくくりの中に、映画や小説のように
たくさんの作風やジャンルがあると考えてください。

そう考えればわかりますよね、
わかるものもあれば、わからないものもあるのが普通です。

絵、水彩なんていうと、構えてしまう方も多いかと思いますが、
それで敬遠してしまうのは本当にもったいないおもしろさが
透明水彩&水彩イラストにはいっぱいあります。



みなさんと描きたいもの、いっぱいあります。
どの月からでもはじめられる水彩教室、参加受付中です。

 

よくわかる水彩画&水彩イラスト教室についてくわしくはこちら↓

watercolor.rusk.to