読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たのしい水彩画&水彩イラスト教室 岐阜・愛知・三重

「みなさんと描きたいもの、いっぱいあります」わたしたちの水彩教室&水彩のたのしさについてあれこれ。Airyがお届けします!

透明水彩 こんな考え方もあります

こんにちは!
よくわかる水彩画&水彩イラスト教室(岐阜・愛知・三重)のAiryです。
水彩画&水彩イラスト教室の画像や写真はHPでみられます)

今回は、わたしたちが思う「水彩のおもしろさ」について書くその2です。

 

見たものからつくりあげていく 

わたしたちが水彩をはじめたときに衝撃だったのは、
「見たままに描かなくていい」という考えを知ったことでした。

おっと、誤解のないようにあらかじめ言っておきますと、
これは「見たままに描いちゃダメ」とか「テキトーに描いていい」とか
「好き勝手に描いちゃっていいんだね」というのとは違います。

見たものから世界をつくりあげていくのです。

この考えを知ったときは、本当に衝撃でした。
わたしたちはこの言葉に一発でやられちゃいました。

この言葉はいろいろ解釈ができると思います。

たとえば、画面(紙)の中に1つの世界をつくっていくのか、
あるいは全く違う自分の世界をつくっていくのか。
小説家や作家のようにものがたりという世界をつくるのか。

いや、もしかしたらそのすべてを含むのか?など、
考えるだけでも面白くドキドキするものがあります。

なんというか「すっごいなあ水彩って!」と思いました。

紙の上に世界をつくっていく。紙の中の世界を育てあげていく。
こう考えると、絵を描くというより、
なんだかものづくりやゲームみたいな感覚にも思えます。

このおもしろさにわたしたちはハマりつづけています。


みなさんと描きたいもの、いっぱいあります。
どの月からでもはじめられる水彩教室、参加受付中です。

よくわかる水彩画&水彩イラスト教室についてくわしくはこちら↓

watercolor.rusk.to