読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たのしい水彩画&水彩イラスト教室 岐阜・愛知・三重

「みなさんと描きたいもの、いっぱいあります」わたしたちの水彩教室&水彩のたのしさについてあれこれ。Airyがお届けします!

「お勉強になりすぎてはいけない」という感覚

絵について考えよう

こんにちは!
たのしい水彩画&水彩イラスト教室(岐阜)のAiryです。
水彩画&水彩イラスト教室の画像や写真はHPでみられます)

 

「お勉強になりすぎてはいけない」
最近、そういうことをよく考えます。

https://instagram.com/p/8VStFyPsdQ/

水彩画も水彩イラストもちょっぴりへんてこな絵も描くのには
覚えておいたほうがいいことや
技術が必要な部分は確かにあります。

でも、大人になればなるほど「覚えること、身につけること」が
前面に出すぎてしまう感じがあって、
それってどうなのかなあと思うことがあります。

 

たとえば 

まわりに笑っている人がいると、こっちもたのしくなります。

それは別に、笑っている人が
表情として完璧な笑顔をしているとか
スターのように美しい(またはかっこいい)笑顔をしているとか、
そういうわけではなくて。

その人はたのしいから笑っていて、
たのしいのが伝わってくるから、こっちもたのしくなる。
当たり前のようなことですけど、これってすごく大きな点だと思っていまして。

 

大切なのは 

「ちゃんとやろう、きちんとやろう」は大切なのですが、
完璧な笑顔をつくろうとしてしまう、完璧な笑顔をつくる方法を
身につけようとしてしまう。

じゃあ、それで何ができるのか。

そうしてできるのは「つくったような笑顔」じゃないのだろうか。
時々、そんなことを考えるのです。

 

なるほど 

こんなことを書いているうちに、
小学生の頃、担任の先生が「よく学びよく遊べ」と書いた紙を
教室の壁に貼っていたを思い出しました。

意味はちょっとずれますけど、
絵に関してもそうかもしれないなあと、ふと思いました。


「絵をよく学んで、絵であそぶ(絵をたのしむ)」的な。
そういうのを目指そうぜ、みたいな。

ちょっと超訳すぎるかもしれませんが、
これって案外、本質をついているような気がします。

わたしたちのやりたいことそのものかも(笑)。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【この記事を書いたひと】
Airy

岐阜県大垣市
たのしい水彩画&水彩イラスト教室を開催中♪
みなさんと描きたいもの、いっぱいあります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

watercolor.rusk.to

 

watercolor.rusk.to

 

watercolor.rusk.to