読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たのしい水彩画&水彩イラスト教室 岐阜・愛知・三重

「みなさんと描きたいもの、いっぱいあります」わたしたちの水彩教室&水彩のたのしさについてあれこれ。Airyがお届けします!

「描いたあともたのしみたい」そう思ったんです。

こんにちは!
たのしい水彩画&水彩イラスト教室(岐阜)のAiryです。
水彩画&水彩イラスト教室の画像や写真はHPでみられます)

 

「描いたあともたのしみたい」そう思ったんです。 

https://instagram.com/p/7LQ8Devsbq/
水彩で絵を描くたびに、「描いたあともたのしめたらなあ」ということを
ずっと思っていました。

描いている間&完成したときは本当にたのしいんですけど、
その先はなんだろうと考えたときに
飾ること?展示すること?……それもアリなんでしょうけど
もうちょっと違うたのしみ方もあるんじゃないかなあ、
なんだかそれがず~っと気になっていたのですね。

そこでひとつのアイデアとして
描いた絵を使う、あそぶことをしてみようと思ったのです。

あれこれ考えるよりも実際にやってみようということで
このところ、いろいろとはじめています。

f:id:watercolorhollow:20150904120630j:plain

たとえば、これは試し描きした絵の一部分を使ってつくっています。
面白いにじみ方をしていましたので使ってみました。

使っているのはほぼ日手帳のデイリーページです。
日記を書くことがあまり得意ではないので、文字を書くスペースを
極力減らしました(笑)。

カラーペンを使えば、数行書くだけでも
十分にごまかせ・・・いや、たのしい日記になりそうです(笑)。

f:id:watercolorhollow:20150904120710j:plain
これも、試作品の一部を使っています。
色のひろがりかたがたのしかったのでつかってみました。

ふだんなら、そのままお蔵入りしてしまうものが生まれ変わる。

水彩は一期一会、そのときにしかできない味や表現がありますから、
こういうたのしみ方もアリなんじゃないかなあと思います。

何よりも、実際に使えるというのがうれしいなあと思います。
このページは、ほしいものリストに使う予定です。

https://instagram.com/p/7LQ8Devsbq/

よい楽器で美しい音色を奏でるのではなく
空き缶や空き瓶で作った楽器で
チャカポコと演奏するような感覚でしょうか(笑)。

こんな水彩の使い方もアリかなあと思っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【この記事を書いたひと】
Airy

岐阜県大垣市
たのしい水彩画&水彩イラスト教室を開催中♪
みなさんと描きたいもの、いっぱいあります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

watercolor.rusk.to

 

watercolor.rusk.to