読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たのしい水彩画&水彩イラスト教室 岐阜・愛知・三重

「みなさんと描きたいもの、いっぱいあります」わたしたちの水彩教室&水彩のたのしさについてあれこれ。Airyがお届けします!

この道具が好きだから

絵について考えよう 水彩のおもしろさ

こんにちは!
よくわかる水彩画&水彩イラスト教室(岐阜・愛知・三重)のAiryです。
水彩画&水彩イラスト教室の画像や写真はHPでみられます)


絵を描いていく上で、最適な道具を選ぶのは大切なことですが
「この道具、使いこなせたらたのしそう!」
「この道具の雰囲気が好きだから、なんとか使いこなしたいなあ」
といった感覚も大事なんじゃないかなあと思います。

 

道具と愛着  

「この道具は名前がかわいいから、なんとか使いこなしたい」
そういうユニークな動機でもいいと思うのです(笑)。

それを使いこなすために、あれこれ知恵をしぼったり工夫をする。
少しぐらいうまくいかなかくても
好きだから気に入っているから、なんとか使いこなしたい。

知恵と工夫、乗り越えるためのモチベーション。
そこには自分が成長していくのに大切な要素がある気がします。
愛着はスペックを超える、そんな感覚もあります。

 

わたしたちの場合は 

いちばん最初に買った筆はまだまだ現役です。
今思えば「よくこの筆で描くことができたものだなあ」という絵も
かなりあります。

「この筆で描きたい」という思いが
スペックを押し上げてくれたのでしょう。

この筆も、よくがんばってくれただけあって少し疲れがでてきました。

でも、使いどころ、役目が変わりながらも
今でもわたしたちの作品づくりに欠かせない存在として、
元気にがんばってくれています。

 

 

watercolor.rusk.to

 

絵、水彩なんていうと、構えてしまう方も多いかと思いますが、
それで敬遠してしまうのは本当にもったいないおもしろさが
透明水彩&水彩イラストにはいっぱいあります。

みなさんと描きたいもの、いっぱいあります。
どの月からでもはじめられる水彩教室、参加受付中です。

 

よくわかる水彩画&水彩イラスト教室についてくわしくはこちら↓

watercolor.rusk.to