読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たのしい水彩画&水彩イラスト教室 岐阜・愛知・三重

「みなさんと描きたいもの、いっぱいあります」わたしたちの水彩教室&水彩のたのしさについてあれこれ。Airyがお届けします!

肩書きや経歴よりもたいせつなこと

こんにちは!
よくわかる水彩画&水彩イラスト教室(岐阜・愛知・三重)のAiryです。
水彩画&水彩イラスト教室の画像や写真はHPでみられます)


よくわかる水彩画&水彩イラスト教室では、
サイトでもブログでもわたしたちの経歴や
これといった肩書きを出さないというスタンスでやっています。

なんというか、なんたらかんたらといろいろ並べるのって
あまり好きではないのです。

また、これまでの経験から
経歴や肩書きに反応してくる人は、
わたしたちの感覚とはちょっと違うなあという思いもあります。

なんというか、相手の肩書きとか経歴を知ったら
急に態度が変わる人っていますよね(笑)。
そういうのって、美しくないなあと思ってしまうのです。

 

肩書きより「自分たちのやっていること」 

だから、水彩が大好きで教室をやっている人たち、でいいのです。

わたしたちは、サイトでもブログでもよく言葉を発します。
水彩のブログなのに、文字ばっかりだったりします。
水彩らしい絵を描くかと思えば、へんてこな絵も描きます。
オーソドックスな塗り方もすれば、なんだか不思議な塗り方もします。

ちっとも既存の水彩らしくないこと、いっぱいあります。

でも、それでいいのです。

わたしたちが水彩をやっているのは、水彩が大好きだからであって
肩書きや既存の枠にはめるためではないのですから。

 

そうそう  

とはいえ、プロフィールに、
自分で「~はファンの間で伝説になっている」とか
「~は定評がある」「語り草になっている」とか書くのはたのしそうです。
恥ずかしさのほうが勝りそうですが(笑)。

 

絵、水彩なんていうと、構えてしまう方も多いかと思いますが、
それで敬遠してしまうのは本当にもったいないおもしろさが
透明水彩&水彩イラストにはいっぱいあります。

みなさんと描きたいもの、いっぱいあります。
どの月からでもはじめられる水彩教室、参加受付中です。

 

よくわかる水彩画&水彩イラスト教室についてくわしくはこちら↓

watercolor.rusk.to