読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たのしい水彩画&水彩イラスト教室 岐阜・愛知・三重

「みなさんと描きたいもの、いっぱいあります」わたしたちの水彩教室&水彩のたのしさについてあれこれ。Airyがお届けします!

いろいろな思い出をつくりたい

こんにちは!
よくわかる水彩画&水彩イラスト教室(岐阜・愛知・三重)のAiryです。
水彩画&水彩イラスト教室の画像や写真はHPでみられます)


ネットで様々なことができる今ですが、
わたしたちは実際の教室、リアル教室にこだわっています。

 

なぜリアル教室か 

小さい頃、ともだちとお絵描きをすると、
すごくたのしかったことを覚えています。

なんだか1人で絵を描くのとは
違ったたのしさがあり、やたらとうれしかった覚えがあります。

お互い黙々とスケッチブックに向かっているだけなのに
一緒に描くということがなんだかうれしかったり、心地よかったり。

だれかと描くということは、
もしかしたら1人で描くたのしさとは
また違ったたのしさに出会うことかもしれない。

それは大人になってからも変わらず、いや、
その感覚をはっきりと実感できるようになってきた気がします。

 

いろいろな思い出をつくりたい  

わたしたちの教室が目指している要素の1つに
部活動、クラブ活動のイメージというものがあります。

水彩というものを通じて、
よく笑いよく学び、よく遊びみたいな感覚です。

熱く語るもあり、喜怒哀楽もあり、夢もあり。
青春の1ページを、なんていったら照れくささ爆発ですが(笑)、
「あの頃のたのしさを」的な思いも持っています。

部室に向かう道中や帰り道、
いろんなことを考えながら歩をすすめていく。
それもきっと思い出になっていって。

そんな感覚があるのも、リアル教室ならではかなあと思っています。

大人になると、いろんなことが絡まって
なかなか無邪気に、まっすぐになんてことはしにくいと思いますが、
そういうことができる場所を
わたしたちはつくりたいと思っています。

 

絵、水彩なんていうと、構えてしまう方も多いかと思いますが、
それで敬遠してしまうのは本当にもったいないおもしろさが
透明水彩&水彩イラストにはいっぱいあります。

みなさんと描きたいもの、いっぱいあります。
どの月からでもはじめられる水彩教室、参加受付中です。

 

よくわかる水彩画&水彩イラスト教室についてくわしくはこちら↓

watercolor.rusk.to