読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たのしい水彩画&水彩イラスト教室 岐阜・愛知・三重

「みなさんと描きたいもの、いっぱいあります」わたしたちの水彩教室&水彩のたのしさについてあれこれ。Airyがお届けします!

水彩をやっていると、ひとりごとが多くなる

水彩のおもしろさ 絵について考えよう

こんにちは!
よくわかる水彩画&水彩イラスト教室(岐阜・愛知・三重)のAiryです。
水彩画&水彩イラスト教室の画像や写真はHPでみられます)

 

水彩をやっていると、なぜかひとりごとが多くなってきます。
たとえばこんな感じのことを言いながら描いています。

 

描いている最中 

「いい感じ、いい感じ、この調子で」
「いいよ、いいよ~」
「この色、ああ、たまらんねえ~、いいよ、うん」

自分のペースを確認する感じで出てくるひとりごとが多いです。
なんだか映画監督みたいな口調がよく出ます(笑)。

 

慎重に描くところを終えたとき 

「……ふうぅ(深い息をはく感じ)」
「……んあ~(お風呂に入ったときに出る声みたいな感じ)」
「……ふう……グッド(かみしめる様に。時々ポーズがつきます)」

集中して描くため、息を吐く系のひとりごとが自然と増えてきます。
けっこうおっさんぽいです(笑)。

 

迷いが出たとき 

「ここをこうしたら、もっとよくなる。いや、ちょっと待って、
それはやめたほうが……。いや、でもなあ……(ぶつぶつ)」

次の一手に迷ったときは、なぜか会話風のひとりごとが増えます(笑)。

それで失敗したりなんかすると
「ほら見ろ、やらないほうがよかったのに!」と、
もう1人の自分が自分を責めるというシュールな光景が展開されます。

 

失敗したとき 

「なんというミス……」
「うわ、やっちゃったぁ……」

ちなみに「やってまった」という方言が出るときも(笑)。
これは、やってしまったという意味で
「わ、やってまったわ!」「やってまったて!」といった使い方をします。

また、洋画をみた後は
「ガッデム!」「シット!」「ウープス!」と言うときもあります。

 

書いているうちに恥ずかしくなってきました(笑) 

しかし、こうやって書きあげてみると、すごくまぬけっぽいですね。
なんだかとても恥ずかしくなってきました(笑)。

これ、ひとりで描いているときはいいんですけど、
ほかの人と描いていても、つい出ちゃうんですよねえ。

しかも、相手に指摘されるまで気づかないという重症っぷりです(笑)。


絵、水彩なんていうと、構えてしまう方も多いかと思いますが、
それで敬遠してしまうのは本当にもったいないおもしろさが
透明水彩&水彩イラストにはいっぱいあります。


みなさんと描きたいもの、いっぱいあります。
どの月からでもはじめられる水彩教室、参加受付中です。

 

よくわかる水彩画&水彩イラスト教室についてくわしくはこちら↓

watercolor.rusk.to