読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たのしい水彩画&水彩イラスト教室 岐阜・愛知・三重

「みなさんと描きたいもの、いっぱいあります」わたしたちの水彩教室&水彩のたのしさについてあれこれ。Airyがお届けします!

小さいうちからならいごと ならいごとよりも大切なこと

こんにちは!
よくわかる水彩画&水彩イラスト教室(岐阜・愛知・三重)のAiryです。
水彩画&水彩イラスト教室の画像や写真はHPでみられます)

わたしたちは2009年ごろからお絵描き教室を開催しているのですが、
時々、お子さんに絵を習わせたいという方がいらっしゃいます。

 

ならいごとよりも大切なこと 

わたしたちはそういうのも大切だけど、
もっともっと大切にしてほしいことがあります。

それは、お子さんに「日常の中で大切なこと」を教えることです。

わたしたちの近所に学習塾があるのですが、
お子さんの送り迎えの車で、よく見る光景があります。

子供の横で、親が携帯電話で話しながら運転をしているのです。
塾への送迎ですから
当然、ほかの子たちの目にも入るような状況で、です。

 

ならいごとってきっと形じゃない。 

それをみた子供はきっと、親が普通にやっているのですから
「運転中に携帯で話してもいいんだ」と思ってしまうでしょう。

もしかしたら、そういう光景をよく目にしている
たくさんの子供たちにとって、
「運転中の携帯電話」は当たり前のことになっているかもしれません。

そう考えると、すごく怖くないですか?

子供のために習いごとをさせたいのに、
子供のためにならないこと」を目の前でやってしまっている。

これって本末転倒だと思うのです。

しかも、それをやっているのは知らない大人ではなく、
自分の親、または知っている子の親という状況です。
子供に対しての影響力は想像以上に大きいと思います。

わたしたちは、「人として」という部分があっての
習いごとだと考えています。

 

絵、水彩なんていうと、構えてしまう方も多いかと思いますが、
それで敬遠してしまうのは本当にもったいないおもしろさが
透明水彩&水彩イラストにはいっぱいあります。


みなさんと描きたいもの、いっぱいあります。
どの月からでもはじめられる水彩教室、参加受付中です。

 

よくわかる水彩画&水彩イラスト教室についてくわしくはこちら↓

watercolor.rusk.to