読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たのしい水彩画&水彩イラスト教室 岐阜・愛知・三重

「みなさんと描きたいもの、いっぱいあります」わたしたちの水彩教室&水彩のたのしさについてあれこれ。Airyがお届けします!

透明水彩 「おもしろそうだけど、難しそう」というみなさんへ

こんにちは!
よくわかる水彩画&水彩イラスト教室(岐阜・愛知・三重)のAiryです。
水彩画&水彩イラスト教室の画像や写真はHPでみられます)


水彩に興味がある人からよく聞かれる声に
「おもしろそうだけど、難しそう……」というのがあります。

難しそうだから「自分にはちょっと無理かも」というわけです。
この考え方、すごくもったいないと思います!

 

こう考えるとたのしくなります 

「おもしろそうだけど、難しそう」をちょっとだけ変えてみて
「おもしろそう!難しそうだけど」
にしてみてください。

そうするとあら不思議、言葉をちょっと変えただけなのに
「やってみよう」という気になってきます。

おもしろそう!難しそうだけど(笑)」という感じでもいいですね。
リラックスして「あ、やれそうじゃん」と思えてきます。

 

たのしいから、おもしろいから描くのです  

なにか趣味がある方は、思い浮かべてみてください。
その趣味は、好きだったり、おもしろかったり、充実感があったりするから
たのしんでいるんですよね。

水彩画&水彩イラストも一緒です。

絵、水彩なんていうと、構えてしまう方も多いかと思いますが、
好きだから、たのしいから、おもしろいから描くのです。

決して、修行みたいなものとか、
上手下手を競う「うまくできるコンテスト」ではありません。

おもしろそう、たのしそう、ちょっとやってみたい。
それがすべてのスタート地点ですよ。

 

それでも、難しそうという方は 

大丈夫です、難しそうなことをできるようするのは先生の役目です(笑)。

そのために教室があるのです(笑)。


みなさんと描きたいもの、いっぱいあります。
どの月からでもはじめられる水彩教室、参加受付中です。

 

よくわかる水彩画&水彩イラスト教室についてくわしくはこちら↓

watercolor.rusk.to