読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たのしい水彩画&水彩イラスト教室 岐阜・愛知・三重

「みなさんと描きたいもの、いっぱいあります」わたしたちの水彩教室&水彩のたのしさについてあれこれ。Airyがお届けします!

透明水彩絵具 W&Nとホルベインどっちがいい?

水彩のこと、知ってみよう

こんにちは!
よくわかる水彩画&水彩イラスト教室(岐阜・愛知・三重)のAiryです。
水彩画&水彩イラスト教室の画像や写真はHPでみられます)

 

透明水彩絵具 W&Nとホルベインどっちがいい? 

透明水彩絵具(絵の具)を購入する際に、
W&N(ウィンザー&ニュートン)とホルベインは、
多くの人が比較の対象にされるようで
「どっちを買ったらいいんだろう」と迷う人も多いと思います。

特に、これから透明水彩をはじめようという人にとっては
本当に難しい問題ですよね。

セットで考えた場合、ホルベインのほうが安価ですが、
価格的にちょっとがんばれば、
W&N(ウィンザー&ニュートン)に手が届きそうですし、
それが世界でも愛好家の多い絵の具となればなおさらです。

じゃあ、W&N(ウィンザー&ニュートン)一択かといえば、
決してそうというわけではなく、ホルベインも根強い人気がありますし、
好きな画家さんが使っている人なんて話を聞いた日には、
ますます迷ってしまうことと思います(笑)。

そこで今回は、絵具選びに迷っている方のために
参考になるかはわかりませんが、わたしたちの経験を書いてみたいと思います。

W&Nとホルベインどっちがいい? わたしたちの経験  

わたしたちは透明水彩をまったくゼロからスタートしましたので、
絵の具選びは本当に迷いました。

わたしたちは岐阜県に住んでいるのですが、
近隣の画材屋さんには、透明水彩絵の具が「売っていたとしても」
ホルベインぐらいしか売っていないのです。田舎だからです(笑)。

ちなみにryotaの地元には、文房具屋さん(スーパー含む)しかなく
ぺんてるサクラクレパスのものしかありません(笑)。

そんな環境だったということもあり、
ウィンザー&ニュートンにはとても興味があったのですが、
画材屋さんで「いつでも買い足せるほうがいいかも」ということで
ホルベイン透明水彩絵具を買うことにしました。

もしかしたら色を買い足す必要が出てくるかもしれませんし
欲しい色がすぐに買えるほうが大事だと思ったのです。

※画材店でネット通販をしているところは、
わりと送料が気になるところが多かったというのもあります(笑)。

※ryotaはこのとき「まっち絵具も」買ってみました。

 

その後、W&N(ウィンザー&ニュートン)を買う 

ホルベインを使っているうちに、だんだんと好きな色ができてきました。
そうすると「この色、違うメーカーだったらどうなんだろう」と
気になってくるのですね。もう使ってみたくて仕方なくなる(笑)。

そうして、好きな色を単色ごとで買い足していくハメに……
いや、買い足していくことになりました。

 

どちらも使ってみてわかったこと

どちらも使ってみて思ったのは、
W&N(ウィンザー&ニュートン)はやっぱりいいです。

でもそれは、使い比べてわかったことです。

今、わたしたちのパレットには、いろいろなメーカーの
色が並んでいますが、ホルベインのものもしっかりあります。

好きな色は、W&N(ウィンザー&ニュートン)やシュミンケなどを
買い足していますが、そうでない色はホルベインを使っています。

ほかのメーカーのものを知らなければ知らないで不足がないというか、
少々クセのあると感じる色でも、それを特性と考えて使っています。

 

大切なこと 

やっぱり「描くための画材」ですから、「描く」がなければはじまりません。

これからはじめようという人は特にですが、
「絵具が決まらないからはじめられない」となってしまうと
ちょっともったいないかもなあと思います。

「絵具がないからはじめられない」ではなく、
絵具が手に入ったらすぐに塗れるように、そのほかの準備をしておく、
下絵をつくっておくなど、はじめられることはいろいろあります

 

どうしても決めてほしい!背中を押して!という人は 

それでも本当に迷っていて決められない人は
ホルベインを買ってからW&N(ウィンザー&ニュートン)を買い足すほうが
感動やそれぞれの特性をつかみやすいかもなあとも思います。
(実際、わたしたちはすごく感動しました!)


ただ、絶対に忘れてはならないのは、
絵具が自動的に絵を描いてくれるわけではなく、描くのは自分ということです。

ホルベインを買ってからW&N(ウィンザー&ニュートン)、
どちらも素晴らしい絵具だと思います。

絵具を買ったあなたは。自分の腕を磨くたのしい旅が待っていますよ。

 


みなさんと描きたいもの、いっぱいあります。
どの月からでもはじめられる水彩教室、参加受付中です。

 

よくわかる水彩画&水彩イラスト教室についてくわしくはこちら↓

watercolor.rusk.to