読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たのしい水彩画&水彩イラスト教室 岐阜・愛知・三重

「みなさんと描きたいもの、いっぱいあります」わたしたちの水彩教室&水彩のたのしさについてあれこれ。Airyがお届けします!

ぶっちゃけた話、静物って何?モチーフって何?

こんにちは、
よくわかる水彩画&水彩イラスト教室(岐阜・愛知・三重)のAiryです。
水彩画&水彩イラスト教室の画像や写真はHPでみられます)

当たり前のように使われているけれど、実際はなんとなくのイメージだったり。
水彩に関連する用語には、そういうものがけっこうあります。
というわけで今回は、「静物、静物画」「モチーフ」について解説していきます。

 

静物、静物画とは

静物(せいぶつ)は、日常ではあまり耳にしない言葉ですね。
絵を描くときによく使われる言葉で、
「静物画」「静物を描く」「静物をモチーフに」といった使い方をされます。

静物とは、「止まっていて動かないもの」のことです。
静止している物だから、静物です(そのままですね 笑)。

一般に、花や果物、雑貨、うつわ、置物などをモチーフにした絵を
静物画(せいぶつが)と呼びます。

止まっているものでも、風景を描いた絵の場合は、
静物画とは呼ばずに「風景画」という呼び方をします。

 

モチーフとは

モチーフとは、作品を構成する「モノ」をさす時に多く使われる言葉です。

たとえば、りんごとレモンを描こうとしたときに、
「モチーフをふやしましょう」といわれたら、
(画面に)置くモノを増やしましょうという意味です。

また、モチーフという言葉は、テーマや動機という意味でも使われます。

「この作品のモチーフ(テーマ)は……」
「あの体験がモチーフ(動機)になったんです」
といった感じで使われたりします。

こうした「当たり前のように使われているけど、いまいちよくわかんないよね」
という用語も、ちょこちょこと解説していけたらと思っています。


みなさんと描きたいもの、いっぱいあります。
どの月からでもはじめられる水彩教室、参加受付中です。

 

よくわかる水彩画&水彩イラスト教室についてくわしくはこちら↓

watercolor.rusk.to